このサイトは、お使いのブラウザーのサポートが制限されています。 Edge、Chrome、Safari、または Firefox に切り替えることをお勧めします。

曲芸師スレイマン

ロンドンを拠点とする写真家のアダム・パウエルは、ニューヨーク市の多くのシーンを探索しながら、一見不可能で機知に富んだ数多くのポーズで、ギニアの曲芸師、スーマ・スレイマンを捉えました。

「1月の寒い日にユニオンスクエア駅を歩いていたとき、スレイマンについて最初に気づいたのは、彼の驚くほど明るい笑顔でした。そして、彼が両手で立っていて、足を耳に当てていることに気づきました。彼の曲芸師のポーズは、非常に型にはまらないが、効果的に服を陳列する方法であり、通りを歩いていると、見知らぬ人が開脚をしているのを見る以上にニューヨークとは何でしょう?」

グランド セントラル ステーションからセントラル パークまで、エディトリアルでは、シーズンの残りの予定をこっそりと覗き見しながら、さまざまな春/夏の新作でパフォーマンスを披露するスーレイマンを特集しています。

アダム・パウエルによる写真。

カート

これ以上購入できる製品はありません

あなたのカートは現在空です。