このサイトは、お使いのブラウザーのサポートが制限されています。 Edge、Chrome、Safari、または Firefox に切り替えることをお勧めします。

ニューヨークNYERシティスナップ

写真家のローレンス・フランシスは、ニューヨーク NYer として彼のフォロワーに知られ、若い頃から芸術への愛を育みました。街の通りを覆う落書きであろうと、しばしば見過ごされがちな日常の瞬間であろうと、ローレンスはそのすべてをフィルムに収めることを使命としています。ローレンスのこの街に対する見方に感心した私たちは、生々しくノスタルジックなニューヨークの美しさを紹介する彼の影響とプロセスについて知りました。

NYだけ: どこから来たの?
ローレンス・フランシス: 私はハーレムとほとんどがワシントンハイツの間のマンハッタンで育ちました..

写真を作るのはどのくらいの期間ですか?
カメラで瞬間を捉えることは、私が 10 年以上愛してきたことです。私の親しい友人は、彼が 300 ドルで購入したカメラを売っていました。写真を撮るのが好きだったので購入を決めました。

写真を始めたきっかけは何ですか?
(ハーレムとワシントン ハイツの間) には常に素晴らしい落書きがありました。私はこれを芸術と見なしましたが、他の人はそれを破壊行為と見なしたかもしれません.私のコミュニティでは、このしばしば望ましくないアートワークの美しさを強調する必要があると感じました.ストリートアートにハマりました。賞賛に値すると感じたすべての落書きをキャプチャすることを目標にしました。ストリート アートの撮影を通じて、ニューヨーク市への愛が深まりました。私もアーティストであり、人々が実際に見ることができなかった瞬間を捉えていると感じました。感謝される必要があった、内側の貧しい地域についてのこの生々しくて現実的な美しさがあります。

ニューヨークで写真を撮るお気に入りの場所や物はどこですか?
お気に入りの撮影場所は、ワシントン ハイツ、ハーレム、チャイナタウン、ブロンクスです。これらの場所にいるといつもニューヨークの懐かしさを感じ、それをできるだけ生かしたいと思っています。

ローレンス・フランシスによるすべての写真


カート

これ以上購入できる製品はありません

あなたのカートは現在空です。