このサイトは、お使いのブラウザーのサポートが制限されています。 Edge、Chrome、Safari、または Firefox に切り替えることをお勧めします。

ブライアン シャノン フォト ハイライト

ロングアイランドのサウスショアで育ったブライアン・シャノンは、常に海との関係を築いてきました。彼の両親は彼が波にさらされたサーフクラブに所属していました.ブライアンは人生の大半をノースカロライナ州アウターバンクスでサーフィンに費やし、それ以来夢中になっています。当然のことながら、彼は海への愛と写真への情熱を兼ね備えています。

NYだけ: どこから来たの?

私はロングアイランドのナッソー郡の南海岸出身ですが、現在はニューヨーク州クイーンズに住んでいます。

写真を作るのはどのくらいの期間ですか?

画像を撮り始めて約 9 年になりますが、ここ 4 ~ 5 年で技術を微調整してきました。

写真を始めたきっかけは何ですか?

大学3年生の時にフォトジャーナリズムのクラスに通い、それが写真の道を歩み続けるきっかけとなりました。私はまた、ラジオ、テレビ、映画を専攻する数人の才能ある人とルームメイトやチームメイトであり、さまざまな写真やビデオのプロジェクトで彼らと協力して、私の創造性と画像をキャプチャする愛を本当に広げました.

写真で捉えたいものは何ですか?

決まり文句ですが、写真は本当に千の言葉に値します。ショットをキャプチャするとき、私がショットをキャプチャしたまさにその瞬間と時間にそこにいるように感じてもらいたい.ショットをシンプルかつクリーンに保つのが好きです。水は常に私のイメージの主要な主題でした。それは常に変化する強力なテーマであり、私にとって興味深いものです。

サーフィンと波をキャプチャすることに特に惹かれた理由は何ですか?

私はビーチで育ちました。私の家族はクイーンズのブリージー ポイント サーフ クラブのメンバーで、いつもビーチやプールにいました。子供の頃からスポーツとして水泳を続け、高校や大学でも水泳をやっていたので、ずっと水に惹かれていました。幸運なことに、幼い頃にサーフィンを学ぶことができました。人生の後半で写真への情熱に気づいたとき、水とサーフィンの側面を写真に取り入れたいと思いました。好きな趣味を一つにまとめてみませんか!

ブライアン・シャノンによる写真。

カート

これ以上購入できる製品はありません

あなたのカートは現在空です。